hohostudy’s blog

学んだり悩んだりしたことを還元する

失恋を乗り越える方法

みなさんは失恋ってしたことありますか?

私は、失恋したこともさせたこともあります(笑)なので、どちらの立場も理解できます。


失恋させた側→残念ながら、もうこれ以上恋人関係を続けたくはないので別れを言い出します。もしくは付き合う前なら、告白される直前までその人のことを何とも思ってなかった事が多いでしょう。

失恋した側→食事も喉を通らないくらい精神的にどん底。深海にいるみたい。自分が醜いと思わずに相手に縋りつく(前述したように相手はすでに何とも思ってないのにです)。苦しくて辛く、胸がえぐられるような痛みでしょう。


失恋させた側は自分が決定した別れなのに対し、失恋した側は急に降ってきた決定事項なので納得というか昇華するまでに相当長い時間掛かります。


その別れを受け入れるまでの過程は、キューブラー・ロスの提唱した心理過程にあてはまると思います。それは①否認②怒り③取引④抑うつ⑤受容というもの。これは私が学生時代に心理学で習ったものです。一方に進むのではなく、行ったり来たりを繰り返しながら進み、抑うつ状態が比較的長くなりがちだと学びました。


失恋は辛く苦しいものですよね。早く次の恋をしたいですとか、どうすれば相手への執着をなくせますか?といった悩み相談をよく見かけます。そこで、私の経験則から失恋の辛さと苦しみを和らげるコツを紹介していきます。


・時間薬

よく言われているのがこれです。いつになったらという目安は3ヶ月です。3ヶ月もすれば頭の先から足のつま先まで細胞が一新されると言われています。私の経験からも振られて3ヶ月以降は一日中泣いたり彼のことを考えてるだけという日があんまりなくなっていました。とりあえず時間が経つのを淡々と日常生活を過ごすのです。その間にすべき事は以降に。


・泣けるときに泣こう

泣いてもいいんです、悲しいのだから。涙はストレス解消にもなります。今のうちに泣きましょう。先ほども言ったように3ヶ月もすれば泣くこともなくなりますので。


・あとは好きな事を増やすだけ

ひたすら、手当たり次第に自分の興味となりそうな物にアンテナを張り巡らしましょう。今は失恋のどん底で夢も希望もない状態ですよね。そんななかでも「昔好きだったなあ」とか「これをやると時間を忘れられるような気がする」とか自分にとって興味が持てそうなものがいいです。おすすめで、たとえば、思いっきり泣ける音楽、無になれるパズル(ゲームでもなんでも)、無理にでも好きになれる有名人や店員さんetc.に時間を使っていくのです。

これらは失恋の痛みが取れたあとも続けられる趣味にもなります。


以上のことは失恋以外でもスランプに陥ったとき役に立ちます(^^)

寂しさを忘れさせるのって結局・時間・趣味など夢中になれるものなんですよ。(お酒はホドホドに)

Mr.Childrenの『星になれたら』のなかで、「長く助走をとった方がより遠くに飛べる…」とあったり、実体験ですが、飛び箱前にクッションを深くとると高く飛べたことがあるように、失恋はバネです!辛い経験を乗り越える事が出来ると、前以上に調子が良くなるでしょう。


最後に、どこかで読んだのですけれど、失恋=終電を逃すことらしいです。

行ってしまった終電(相手)に執着しても仕方ないし、諦めないといけないし、次の行動をしないと希望はないし


みなさんも失恋を終電に見立てて、冷静に時刻表をチェックするか、他の交通手段をスマホで探すか、朝までネカフェで過ごすか、何でも手段や対策法を試してください。

きっと前以上に幸せいっぱいになれる日がきますよ。