hohostudy’s blog

学んだり悩んだりしたことを還元する

読書苦手・脱却方法

初めまして、穂々です(*´∀`*)いままでに学んだこととか経験を文章化して還元していく予定です。(*^^*)


秋は読書ですね。なにも秋だけすればいいものではないんですけど、秋の夜長にはいいですよね。鈴虫の声を聴きつつ……。

ですが、けっこう読書苦手ーっという人多いですよね。かくいう私も国語だけ(!)成績が悪い、典型的な「本を読まない」人間でした(>_<。)
それで進路も、消去法で理系に進んだけど、論文のために本を読まないといけない状況下にありました笑
理系だから本を読まないでいいって、そんなうまい話はないんですね泣

こんな私でも本を積極的に読むきっかけとなったのが、大学時代の一種の“挫折”でした。ここはなんでも当てはめてください、病気でも失恋でも。
悩んだら解決しようと動く性格でしたので、当時は図書館でありとあらゆる人生の指南書・心理学や哲学のかんたんな物を読み漁りました。全部読んだとおもいます。

悩みがなかったら本なんて読まなかった!でも読んだお陰か悩んだお陰で、人の悩みに的確にアドバイスできるようになりました。とくにSNSで毎日アドバイスしております。

まだ悩んだ経験がない人で(めったにいないとおもうけれど)
本が苦手という人は、
ジャケ買い
・中古の安い本
・誰かに借りた本
・ベストセラー本
・タイトルや作家さんに惹かれる本
なんでもいいので気になった一冊を選びカフェに持っていきましょう。
一冊でいいんです。

最初なのでじっくりと、コーヒーを片手に真剣に読んでください。
サマになってますよ!カッコいいですよ!
入り始めは、カフェで形から入ればいいんです(*´ー`*)
好きなカフェ音楽や紅茶、コーヒーの趣味も増えるかもしれません。

形から入る作業を何回かやっていくと、
「あぁ物足りないな」とか、
「もっと深く知りたい」とか欲が出てくるようになります。
似たような本でも構いません、同じ作家さんでももちろんいいです。
もう読書が苦手じゃなくなりましたね。

わたしもそうなんですが、周りにどう思われているか敏感な方々(HSP気質)が最近多いと聞きます。そういう人達は言い換えると感受性が豊かで、繊細で、何にでも興味が持てるという強みがあります。きっと知的好奇心も多いと思います。
そういう人たちこそ、読書にはまると夢中になれるのです。


本を素早く選ぶ力についてはまた後ほど(*^^*)