hohostudy’s blog

学んだり悩んだりしたことを還元する

執着を手放す-過去はチリ-

 

過去に執着するデメリット

過去の栄光にしがみついたり、終わった恋を引きずったり。人間は弱いので、執着という過去への依存によって精神の安定を図ることがあります。


私自身、脳内の過去への執着が占めている部分が半分以上だった時期がありました。今思えばなんて不毛な時期だったんだろうと思います。そんな過去にしがみつく暇があれば、単語の一つでも覚えられたのに(当時学生でした)。


過去への執着が占めている部分

新しく何かを始めるときのエネルギーが入る余地

は、足して100%になるようになっています。もし90%過去の執着に脳が占められていたら、残り10%しか新たに始められるエネルギーが入らなくなります。

人は一日になにかをするには24時間という制限がありますから(適正な就寝時間をひくと16~17時間しかありません)。


人間のキャパシティ(=容量)は決まっています。夜遅くまで起きてると、その分、朝起きて活動できなくなるとか、本棚や洋服ダンスだって捨てなければ新しいのが入る余地がなくなるみたいに。


新しいのが入ってこなくなるなんて、過去を悔やむことの無意味さを感じませんか?

反省はしても後悔はしない。

過去は変わらない。未来は分からない。だから悩まない。

これらは本から得られた私の信条です。

過去の思い出に浸ってそこに学びがあればいいのですが、大抵は学びは少ないと思います。

そんなことより新しく何かをスタートしたほうが、学びは多い!


○○について考えるな!は逆効果

人は、「過去のことはぜったい考えるな!」と意識すればするほど逆に考えてしまいますよね。「○○について考えるな」って逆効果なんです。ではどうすればいいか?

忘れちゃうくらい他に没頭できることをするのです!趣味でも良いし、新しくスタートするなにか=夢でもいいです。


夢の見つけ方→没頭できる

もし趣味・夢が見つからなければ、昔の子供時代なにに夢中になってたか思い出すこと。なにに時間とお金を注ぎ込んでいたか?それがヒントです。

身近なひと(例えば父親やメンターとなる人物)の夢はなにか聞いて、お手伝いするのも効果ありです。

 

新しくスタート


「目が前に付いているのは過去を振り返らず前向きに生きるため」(のび太の担任)

「こけても、泣かない。すぐ起きる。」(私の幼稚園時代の園長)

過去を考えたり振り返ったりする時間は、精神の安定や少しのまなびに必要なときもあります。ですが、浸りすぎて不毛な時間を過ごしてしまうともったいない。その代わりに、いっぱい新しいエネルギーをたくわえていきましょう!

しまぐらしと私

 

しまぐらしは2年以上前からiPhoneで、おそらく去年からAndroidで利用開始されたゆるく繋がるSNSです(某青い鳥を改善したようなイメージです)。

 

  • かんたんな説明
  • 共感した欄が他者からは見えない
  • なにより字体が可愛い
  • 流す対象を選べる
  • かわいい日記機能としても
  • とにかく民度が高い
  • さいごに私の体験

 


かんたんな説明

250文字まで打てます。しまぐらし独自の絵文字(“けいせん”を変換することで出てきます)を使えたり、ギフトを贈りあったり(ギフトのお礼に夜流れ星を送れます)、DMの欄(瓶を拾うといいます)では可愛いスタンプを使えます。

フォローフォロワーといった概念がなく、しかし全員がそうというわけではなく、流れ着かない瓶もあったり24時間が過ぎると消えていくというゆるい仕様です(仲良くなると“しまとも”になれ、瓶がしまともの欄に出てくるようになってるみたいです)。

ホーム画面は成長要素があり、波の音と時間帯によりギター(成長してオルゴールも選べる)の曲が変化します。

アバターの着せ替えも種類が豊富でいまも定期的に更新されています(管理人さんいつもありがとう)。


共感した欄が他者からは見えない

どれにいいね(共感という)したか分からないので、「あの人にはいいねしてるのにこっちに来ない」や「返事はしないのにいいねはしてる」という心理的ストレスがない。

なので、私は眠れない夜にでもしまぐらしの流れてくる瓶(TLのこと)に共感しまくりです。

もちろん共感した人には分かりますので、お礼(感謝)にしゃぼん玉を送れます。これも匿名しゃぼん玉なので、「あの人から感謝のしゃぼん玉が来たのにこの人から来ない」心理的ストレスがないんです。


なにより字体が可愛い

女性が喜びそうなフォントですべて書き表されています。すべてというのは全てです(笑)。広告までもなのです。

つい最近までしまぐらしには広告は流れてきませんでした。しかし、管理人さん(もぐらさんといいます)が運営が難しくなってきたようで、今は管理人さんの選別した良広告だけが可愛いフォントで流れてます。

しまぐらしのTLで、「世界観が崩れてなくてもぐらさんの努力を感じる、ありがとう(^^)」という感想も広告導入時、流れてました。

可愛い字体で管理人であるもぐらさんのしまぐらし通信も毎回癒されてます。


流す対象を選べる

仲良くなってしまともになると、私なんかは「さっき流したのにまた流すとうるさいかな」と思い、“しまとも以外”で流すときが結構あります。青い鳥だと容赦なくTL(@tos機能もありますが)に流れてしまうので、この機能はとっても好きなんです。

ちなみに男女でも分けて流せるので、月のものの痛みを流しても構わないのです(女性にしか伝わらないですよね)。

どうしても流せる内容じゃない(重い内容や、皆が不快になってしまわないか不安な時といった)瓶は、ひとりごと機能を使って流せます。便利ですよね。


かわいい日記機能としても

共感した瓶と流した瓶はずっと見られるのですが、自分の流した瓶はカレンダーに残ります。

つまり、自分が過去に何を思い、悩んだり考えたりしていたかを記録する物としても使えるのです。日記は自分を見つめ直せますよね。これは青い鳥にはありません。しまぐらしは月毎にヘッダーを自分で作れます。

誕生日を登録しておくと良いことがあるかも?


とにかく民度が高い

例えば管理人さんであるもぐらさんが、クリスマスには島(ホーム画面)をクリスマス仕様にしたり、贈りあうギフトをクリスマスのプレゼントのするだけで、しまぐらしのTLでは「もぐらさんありがとう」といった言葉が飛び交うんです(季節・イベント毎にいろいろしてくれるんです)。それに伴い自分も穏やかな気持ちになることもしばしば。

あと、基準がまだ分からないのですが「ほっと」に入った瓶はみなの気持ちがホッとできるものばかりなんです。


さいごに私の体験

私が「病気で休んでいて不安だー!」と流した瓶をある島人さんが拾ってくれたんです。

「これからの人生のために休んでいたのかも。休むことも大事ですよ。」と。

私はしまぐらしをしてて良かったと最初に思った出来事です。「未来は明るいかもしれないと思えるようなお返事ありがとうございます。休んだことを悔やまないようにしたいです。」とお返ししました。

いま物書きをイキイキとしながらしているのはその島人さんがいてくれたおかげです。本当にありがとうございます!


これからもしまぐらしを愛用していき、応援していきます!さて、そろそろ島に戻ろう(^^)

どうやったら人の悩みを解決できるのか!?

わたし自身看護師をしていたほどですので、人の世話というかcareをすることがそれほど嫌ではありません。むしろ、インターネットの悩み相談サイトでよく解決の返事などをしております。

解決をしていくうち、欲が出てきてしまい、「相談のプロ」になりたいと思ってきています(^_^;)

みなさんも、人の悩みや愚痴を聞く場面ってないですか?


相談のプロになるまでの方法を考えてみました


・専門の知識を得るために本を沢山読む

科学的に解決できる悩みもあります。寒いだの暑いだの。寒ければ生姜を摂取して冷えを取り除こう、暑ければ汗をかいて気化熱を利用しようなどですね(もっと詳しく書くときは別コラムにしようと思いますのでリクエスト下さい)。しかし大抵の悩みの多くは対人関係だと思うのですがこれには心理学的アプローチが出来ますよね。ストレスコーピング(ストレス対処行動)は好んで学んだ分野です。


・悩み相談の本やサイトで、他の人の解決法を学ぶ

悩み相談本にはお坊さんがよく出版されています。本屋さんで探しましょう。悩み相談サイトはYahoo!知恵袋、教えて!goo、ハスノハ、発言小町が有名ですが、しっかりとした回答があって民度の高い発言小町を私はよく回答に使っています。

他の人の回答をみて、「私だったらもう少し違った切り口で解決するなー」とか「ああ、こういう解決方法もあるのか」と自分の考えをまとめたり実生活にも為になります。


・自分も悩んだ経験がある

弱い人間であればあるほど人の悩みに共感できる。悩んだ経験が多いということは強みです。悩み相談をしたことがあれば、その時にもらったアドバイスを覚えているでしょう。そのアドバイスが良かったか良くなかったか。良くなければ自分ならどう言ってもらいたかったか、考えてみましょう。逆境が多く、逆境にどう対処していったか、どうすれば「楽」になれるか。失敗でもいいんです。経験となるのですから。


以上のことにふまえ、相談解決のコツを

①悩みに寄り添う

傾聴と共感の技術を使います。まずは「うんうん」と、自分にもそういう経験あるよと、気遣うのです

②悩みを解決するためのアドバイスのアイデアを何個も提供する

本や経験則から、分からなければ正直に言ってもいい。今はネットで情報も豊富ですのでその時に調べても。1個でも出来そうなのがあればいいですね

③最後にねぎらいの言葉

これも思いやりですね。大好きなSNSアプリ「しまぐらし」の管理人さんが使う言葉に「言葉選びは思いやり」というのがあります。すごく気に入ってます!最後までその人のことを思いやりましょう。


好きなことを続けていれば、いつかはなれるのでしょうか(^_^;)いや、もうなれているのかな。

他にもいい方法があれば教えてくださいね。

失恋を乗り越える方法

みなさんは失恋ってしたことありますか?

私は、失恋したこともさせたこともあります(笑)なので、どちらの立場も理解できます。


失恋させた側→残念ながら、もうこれ以上恋人関係を続けたくはないので別れを言い出します。もしくは付き合う前なら、告白される直前までその人のことを何とも思ってなかった事が多いでしょう。

失恋した側→食事も喉を通らないくらい精神的にどん底。深海にいるみたい。自分が醜いと思わずに相手に縋りつく(前述したように相手はすでに何とも思ってないのにです)。苦しくて辛く、胸がえぐられるような痛みでしょう。


失恋させた側は自分が決定した別れなのに対し、失恋した側は急に降ってきた決定事項なので納得というか昇華するまでに相当長い時間掛かります。


その別れを受け入れるまでの過程は、キューブラー・ロスの提唱した心理過程にあてはまると思います。それは①否認②怒り③取引④抑うつ⑤受容というもの。これは私が学生時代に心理学で習ったものです。一方に進むのではなく、行ったり来たりを繰り返しながら進み、抑うつ状態が比較的長くなりがちだと学びました。


失恋は辛く苦しいものですよね。早く次の恋をしたいですとか、どうすれば相手への執着をなくせますか?といった悩み相談をよく見かけます。そこで、私の経験則から失恋の辛さと苦しみを和らげるコツを紹介していきます。


・時間薬

よく言われているのがこれです。いつになったらという目安は3ヶ月です。3ヶ月もすれば頭の先から足のつま先まで細胞が一新されると言われています。私の経験からも振られて3ヶ月以降は一日中泣いたり彼のことを考えてるだけという日があんまりなくなっていました。とりあえず時間が経つのを淡々と日常生活を過ごすのです。その間にすべき事は以降に。


・泣けるときに泣こう

泣いてもいいんです、悲しいのだから。涙はストレス解消にもなります。今のうちに泣きましょう。先ほども言ったように3ヶ月もすれば泣くこともなくなりますので。


・あとは好きな事を増やすだけ

ひたすら、手当たり次第に自分の興味となりそうな物にアンテナを張り巡らしましょう。今は失恋のどん底で夢も希望もない状態ですよね。そんななかでも「昔好きだったなあ」とか「これをやると時間を忘れられるような気がする」とか自分にとって興味が持てそうなものがいいです。おすすめで、たとえば、思いっきり泣ける音楽、無になれるパズル(ゲームでもなんでも)、無理にでも好きになれる有名人や店員さんetc.に時間を使っていくのです。

これらは失恋の痛みが取れたあとも続けられる趣味にもなります。


以上のことは失恋以外でもスランプに陥ったとき役に立ちます(^^)

寂しさを忘れさせるのって結局・時間・趣味など夢中になれるものなんですよ。(お酒はホドホドに)

Mr.Childrenの『星になれたら』のなかで、「長く助走をとった方がより遠くに飛べる…」とあったり、実体験ですが、飛び箱前にクッションを深くとると高く飛べたことがあるように、失恋はバネです!辛い経験を乗り越える事が出来ると、前以上に調子が良くなるでしょう。


最後に、どこかで読んだのですけれど、失恋=終電を逃すことらしいです。

行ってしまった終電(相手)に執着しても仕方ないし、諦めないといけないし、次の行動をしないと希望はないし


みなさんも失恋を終電に見立てて、冷静に時刻表をチェックするか、他の交通手段をスマホで探すか、朝までネカフェで過ごすか、何でも手段や対策法を試してください。

きっと前以上に幸せいっぱいになれる日がきますよ。

物事を長続きさせるには?

立春も終わり、花粉が飛び始めましたね。もうすぐで出会いと別れの季節ですが、春になるとなにかを始めたくなりませんか(*´▽`*)?

ウキウキ足取りが軽やかになるこの季節になにかを始めるにはとてもいい時期なんです。メディアでも資格取得のCMも流れていますしね。

 

やる気になったら、次は「継続力」という言葉が重要になります。

何をするにもこの「継続力」が良効果を生むのです。

社会人なら(というよりは会社人なら)長年勤め上げて信頼を得る、もちろん生きるため給料を得ることを求められますよね。

しかし、私は恥ずかしながら今まで1つのことを続けるって正直言ってしたことがないんです(^_^;)

私みたいに継続力が足りなーい!という人も多いと思います。

趣味に関しても。例えば日記を始めて三日坊主で、数ページで終えているかなしみの日記帳ってありませんか?

これではせっかくやる気満々となった趣味はたまた仕事まで途中で終わってしまいますよね。

そこで自分も含めなにかを続けることが苦手な人のため、継続力を身に付けるヒントを考えていきたいと思います。


物事を長続きさせるには、


・ホドホドにやる

疲れすぎたら続かない。


・六割主義

八割主義よりも二割減らせ。張り詰めてしまい、続くものも早く挫折しがち。


・休憩・休暇

積極的に息抜きをとろう。


・ぼーっとする時間

作業しながらずっと緊張状態を続けないことが続けるコツ。


・楽しむことが目的

どうせやるなら、楽しみを見つけながらやろう。


・他人と比較しない

「あの人よりも遅い」と焦ったりすると全て放り出したくなる。常に比べるのは過去までの自分。


・自分の道を進む

マイペースでコツコツと。


・のんびり

「遅いぐらいかな」でちょうどくらい。


・やり過ぎは禁物

それがストレスになり、本末転倒にならないよう。


・好きじゃないと続かない!

好きの状態を維持できればこちらの物。


ざっとヒントとなる言葉を並べてみました。ぜひ春から始める新生活に取り入れてほしいです!

本を選ぶ練習をするならブックオフがオススメ

本を選ぶときじっとタイトルだけを眺めていませんか?
ブックオフで本を勢いよくパラパラしている女性がいたら私かもしれません。
中を見るまではタイトルに左右されてはいけないのです。
「読む」ではなく「見る」ことが肝心。インスピレーションで決めてしまっていいと思います。

タイトルは本の顔と言われますが、そこからすべてを悟るなんてほぼ不可能です。
本は売るためになんでもしてきます。客を引き寄せるにはポイントとなる惹きつける言葉を使うのです。新聞でも読まれる(売る)ために見出しをつけますよね。
私の好きな自己啓発やビジネス書は売るために似たようなタイトルばかりに残念ながらなっています。

タイトルは導入なので、作家を見るほうが有益でしょう。そして、実際に本をガバッと手にとり立ち読みしちゃいましょう。
立ち読みは私は推奨派です。立ち読みをしないで買うのは初心者です。「店員さんの目が気になる」?大丈夫です。今どき立ち読みをしない人なんていませんし、売る側も覚悟の上です。ただし綺麗に扱いましょうね。
他人は迷惑さえしなければ自分のことなど気にしちゃいないです。
立ち読みだけで帰っても全く構いません。帰って中古品で買うとか、ノートに心に残ったフレーズを書き出すとか、ありです。

さて、立ち読みは一分以内、つまり秒単位で済ませましょう。一冊にかける時間を減らすことによって数を増やすのです。
そのときの着眼点は、目次、全体の口調、一つ見出しを選んで結論まで一気に読んだあと頭の中に入るか、作者の主張に共感できるかどうか、です。
この作業が迅速に慣れてきたらもう本選びのスペシャリストです(*^^*)

ここで、買うかどうか決めてもいいですが、少し待ってください。
買ったあとに自分がその本をどうするかまで想像しましょう。
買うだけで満足して本棚の片隅に置きっぱなしにならないか?毎日その本を読めるか?いつどういう状況で読むか?愛読書になるだろうか?まで想像するのです。

その本を持って帰ってカフェで読むとか、読む作業を習慣化できるなら買ってもいいと思います!

本を選ぶ練習は最初は買ったとしても百円とか正規の半額で手に入れられる、ブックオフといった中古販売店でするのがオススメです。失敗しても勉強料となって、金額的に罪悪感も抱きませんから。立ち読みも比較的しやすいです。というか、お客さんほとんどされています笑

読書苦手・脱却方法

初めまして、穂々です(*´∀`*)いままでに学んだこととか経験を文章化して還元していく予定です。(*^^*)


秋は読書ですね。なにも秋だけすればいいものではないんですけど、秋の夜長にはいいですよね。鈴虫の声を聴きつつ……。

ですが、けっこう読書苦手ーっという人多いですよね。かくいう私も国語だけ(!)成績が悪い、典型的な「本を読まない」人間でした(>_<。)
それで進路も、消去法で理系に進んだけど、論文のために本を読まないといけない状況下にありました笑
理系だから本を読まないでいいって、そんなうまい話はないんですね泣

こんな私でも本を積極的に読むきっかけとなったのが、大学時代の一種の“挫折”でした。ここはなんでも当てはめてください、病気でも失恋でも。
悩んだら解決しようと動く性格でしたので、当時は図書館でありとあらゆる人生の指南書・心理学や哲学のかんたんな物を読み漁りました。全部読んだとおもいます。

悩みがなかったら本なんて読まなかった!でも読んだお陰か悩んだお陰で、人の悩みに的確にアドバイスできるようになりました。とくにSNSで毎日アドバイスしております。

まだ悩んだ経験がない人で(めったにいないとおもうけれど)
本が苦手という人は、
ジャケ買い
・中古の安い本
・誰かに借りた本
・ベストセラー本
・タイトルや作家さんに惹かれる本
なんでもいいので気になった一冊を選びカフェに持っていきましょう。
一冊でいいんです。

最初なのでじっくりと、コーヒーを片手に真剣に読んでください。
サマになってますよ!カッコいいですよ!
入り始めは、カフェで形から入ればいいんです(*´ー`*)
好きなカフェ音楽や紅茶、コーヒーの趣味も増えるかもしれません。

形から入る作業を何回かやっていくと、
「あぁ物足りないな」とか、
「もっと深く知りたい」とか欲が出てくるようになります。
似たような本でも構いません、同じ作家さんでももちろんいいです。
もう読書が苦手じゃなくなりましたね。

わたしもそうなんですが、周りにどう思われているか敏感な方々(HSP気質)が最近多いと聞きます。そういう人達は言い換えると感受性が豊かで、繊細で、何にでも興味が持てるという強みがあります。きっと知的好奇心も多いと思います。
そういう人たちこそ、読書にはまると夢中になれるのです。


本を素早く選ぶ力についてはまた後ほど(*^^*)